読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オイル美容にハマる!髪にも顔にも使えるオイル

美容

冬になって乾燥の季節がやってきましたね。
乾燥対策には保湿が大事!寒いから部屋を暖めても、外にでて風にあたっても、もう生きてるだけで乾いてくる気がしてます。

最近、「水光肌」というキーワードも気になってます。テレビの画質が良くなってすみずみまではっきり見えるから、女優さんたちも大変・・・って一時期なってた気がするのですが、最近そうでもないっていうか、艶ピカ肌の女優さん、多くないですか?
石原さとみさんなんて、あの内側から輝くようなウルウル感て、いったいどうなってるんだ?!って思っちゃいます。
もちろん、内側から輝いてるんだと思うけど、外からも輝くコツがあるはず。


アラフォーになると乾燥がより老け感を作るポイントなので、この冬は一念発起してスキンケアに力を入れてみようかと思います。

そこで、採り入れたいなと思ったのが「オイル美容」。まあーーーいろんなオイルがありますね。とりあえずオイル美容初心者なので、顔もマッサージできて、髪にも使えるオイルでデビューしようかと思います。

人の皮脂に近い成分の馬油

「オイルデビュー」と言った直後に言うのもアレですが、馬油はけっこう前から使っています。切り傷や、ひび、あかぎれなどにも使えるし、人の皮脂に近い成分だからスキンケアにもヘアケアにも使えます。それに、無香料のものからいろいろな香りのものがあって、バリエーションが豊富なんですよ!


 



あんまりたくさんつけてしまうとベトベトするけれどお風呂上がりの体が濡れた状態で馬油を少し取り、伸ばすようにして体に塗りたくります。結構のびるんです。

とっても気に入ったので一時、毎日顔にも使っていたのですが2か月ほどたったころ、頬の一部に粉がふいてきたんですよね。。。
傷を治す効果があるのも納得なのだけれど、皮膚の再生が活発になって下の層の皮膚が追い付かなかったんじゃないかと思います。

それからは、馬油の効果自体はほんとにすごいから肌荒れしてるときには使いますが、毎日使うのはやめました。

ビタミンEが豊富、クセがなくて使いやすいひまわり油

今、とってもハマっているのがひまわり油です。サンフラワーオイルともいわれているアレです。食用のものもあるくらいだから、体にもいい。
独特の香りってほどのものもなく、結構たっぷり使っても時間がたってからベトベトせずに、さらりと使えます。

顔、デコルテのマッサージのその勢いで頭皮のマッサージ、そして毛先につけるという感じで使っています。

超おすすめは、石鹸シャンプーでおなじみのパックスナチュロンのひまわり油。


 

オイルが出るところが小さくて一滴一滴出る感じなのでたくさん使う場合は思いっきり振って出して使ってます。
お風呂に入る前に使う場合はたっぷり目につけてマッサージして、後で洗い流すとほどよくオイルが残ってます。
入浴後にマッサージする場合はそれよりは少し控えめに。いずれにしても翌朝ほどよいしっとり感が肌にも髪にも残っています。

ファンデーションや下地に2滴ほど混ぜて使うと、石原さとみちゃんほどまではいかないにせよ、艶感でますよ!水光肌の雰囲気でます。写真を撮ってみるとよくわかるかも。

この冬の手放せないアイテムになりそうです。

ひまわり油はリノール酸オレイン酸たっぷりで・・・・という内容についてはグーグル先生に聞いてもらうといろいろ教えてくれるとおもいますが、使用感としてはクセがなくて、顔にも髪にも使える優秀オイルというイメージです。

馬油もひまわり油も、顔のマッサージしてからそのまま頭のマッサージに移行できるのでオイルを出しすぎても無駄がないし、間で手を洗わなくても済むから楽に使えますよ。